耳の後ろのニオイは加齢臭

耳の後ろのニオイは加齢臭

加齢臭で一番ニオイを放つのが耳の後ろです。よく香水を付けるときに、耳の後ろに付けたりしますよね。これはニオイの元が耳の後ろだからなのかもしれませんね。

 

自分の耳の後ろのニオイって、そんなに気にすることはありませんよね。一度どんなニオイをしているのか確かめてみてください。

 

まず何も臭わない手で、自分の耳の後ろを強くこすってみてください。そのニオイを嗅いでみると、何かしらのニオイがするはずです。中高年の多くの方は皮脂のニオイがするのではないでしょうか。

 

そのニオイが加齢臭のニオイです。そして基準になるのは、そのニオイが臭いとおもったら、周りの人も同様におもっているのだと思いましょう。また、そんなに気にならないというかたは、まだ加齢臭になっていないといえます。

 

このニオイを消すには、まずはお風呂に入った時に、しっかりと洗うことです。ただあまり洗いすぎると、皮脂が過剰分泌をしてしまいます。ある程度洗えばそれで十分です。また洗うのに使うのは、ボディーソープなどの液体石鹸ではなく、洗浄力の強い固形石鹸がおすすめです。

 

またノネナールは水に溶けにくく肌にこびりつきやすいという性質を持っていますので、シャワーを浴びて汗を流す程度では落とすことができません。洗浄力の強い石鹸でしっかりと洗ってくださいね。

 

他にも首の後ろや、顔のTゾーン部分なども、加齢臭を発する場所ですので、耳の後ろと同様にしっかりと洗うようにしましょう。ただ顔を洗う時には、洗顔石鹸を使うようにしましょう。


このページの先頭へ戻る