歯周病とタバコとニオイ

歯周病とタバコとニオイ

タバコを吸っている人の大半は、歯周病になっていると言われています。

 

これは年齢を重ねれば重ねるほど、歯周病になっている人は多いのだそうです。その原因はタバコに含まれている科学物資にあるんです。タバコに含まれている化学物質が、歯肉からの出血を抑えたり、歯肉を硬くすることで歯周病の症状が出にくく、歯周病の発見が遅くなってしまいます。

 

また喫煙者は抹消血への影響があるために、歯周病の手術をしたり治療をしたとしても、治りが悪くなってしまうのです。またこの歯周病は、とてもイヤな口臭を放ちます。

 

歯肉が炎症を起こして化膿をしてしまうために、口臭はとても強いのです。また歯周病の特徴として、口内の乾燥を促してしまいます。歯周病の方の多くは、朝起きると口の中が乾いているという方が多いのです。

 

口の中が乾くとプラークが溜まりやすくなり、さらに口臭を悪化させます。また唾液による自律作用がなくなることから、口の中の細菌の活動を高めてしまうのです。ですから歯周病の方の多くは、虫歯にもなりやすいという人が多いのです。

 

タバコと歯周病の2つの共通点は、強いニオイを放つという点です。これに加齢臭が加わってしまうと、さらにニオイはきつくなってしまいますよね。そんなことにならないためにも、タバコを吸っている人は歯周病予防をしっかりとするようにしましょう。

 

また歯周病になってしまっている人は、歯科に行って早めに治療をしてくださいね。加齢臭と歯周病は関係ないように思いますが、実は大きな関係を持っています。ニオイが酷くならないためにも、デンタルケアは大事なことなのです。

 

 

 

 


このページの先頭へ戻る