口臭は病気のサイン

口臭は病気のサイン

食べ物によって発生する口臭は、マウスタブレットなどで改善することが出来ますが、いくらマウスタブレットを飲んでも改善されない場合には、もしかしたら病気のサインなのかもしれませんよ。

 

歯周病や歯槽膿漏などは、強い口臭を放ちますし、歯を磨いたら血が出るなどの何らかの症状があります。そのために早く気が付く人も多いですよね。

 

ただ他にも口臭を発する病気があるんです。身体はどこも悪くないのに口臭が強いという方は、もしかしたら何かの病気にかかっているかもしれませんよ。病気の場合、胃や肝臓などの消化器関係の疾患や、糖尿病や蓄膿症なども口臭を放ちます。

 

とくに胃潰瘍や糖尿病は、独特の口臭を症状としていますから、病気発見のサインなのかもしれません。お酒やたばこを吸う人は、胃潰瘍や糖尿病になりやすいので、気になる方は病院で検査をしたほうが良いかもしれません。

 

とくに糖尿病の場合には合併症を発すると、命に関わることもあります。お酒を毎日大量に飲んでいて口臭を発するような方は、もしかしたら糖尿病になっているかもしれません。

 

自分は高齢でタバコも吸っているから口臭は当たり前だと軽くおもわずに、まずは病院で診察をすることをお勧めします。ただ男性の場合「仕事があるから病院に行けない」と言う人が沢山いるために、大病の発見が遅れがちです。

 

でも仕事をするためにも健康な身体でいることが大事だという事も覚えておいてくださいね。たかが口臭ですが、されど口臭です。

 

 


このページの先頭へ戻る