加齢臭を悪化させるもの

加齢臭を悪化させるもの

加齢臭は他のニオイと一緒になって、そのニオイを悪化させてしまうことがあります。

 

身体のニオイが気になる年齢になったら、他のニオイと一緒にならないように気を付けるのも、加齢臭対策の一つです。そのニオイとは、タバコのニオイ・二日酔いのニオイ・汗のニオイ・口臭です。これだけを見ると、やはり男性によくあるニオイですよね。

 

タバコは今は男性よりも、女性のほうが喫煙する人が多いと言われています。またタバコを吸っている人は、お酒が好きな人が多いというのも何か関係があるのかもしれませんね。

 

ここで気になるのは口臭です。タバコ・お酒(二日酔い)の2つは、どちらとも口臭を放ちます。タバコを吸っているから口臭を気にする人は沢山多く、その多くの方たちはニオイを消すタブレットを使っていたりもします。

 

ここに加齢臭が混じってしまえば、間違いなく臭いと誰でも思うのではないでしょうか。タバコを吸っている人や、自分の周りでタバコを吸っている人は解るとおもいますが、タバコのニオイは髪の毛や洋服に付着したら、なかなかそのニオイをとることができません。

 

加齢臭は頭や耳の後ろからニオイを放ちますから、タバコのニオイと混ざりやすいのです。そのために加齢臭をさらに悪化させてしまう事になるのです。タバコのニオイ=加齢臭にならないように、出来ることならばタバコはやめたほうが良いでしょう。それがどうしても無理な方は、出来るだけニオイに気を付けるようにしましょう。


このページの先頭へ戻る